KYO design

English translation is Mardi Robinson

 
KYO design

 
KYO design とは

「日本の文化に資するデザイン」かつ「一般的な製品・サービスのライフタイムと比べ格段に長いライフタイムを有するデザイン」かつ「環境に対する配慮がされているデザイン」です

「KYO design」は「京都のデザイン」ではありません。従って、京都にゆかりがないデザインも、「KYO design」になることがあります。また。HaFu design が創作したデザインに限るものでもありませんが、HaFu design が認めたものに限ります。「KYO design」は HaFu design の登録商標です。

日本の文化に資するデザイン

・よい文化が育まれるデザイン ・新しい明るい文化が育まれるデザイン ・日本の伝統文化を現代に活かすデザイン ・平和や幸福に貢献する文化を育むデザイン 以上の少なくともいずれか1つに該当するデザイン

一般的な製品・サービスのライフタイムと比べ格段に長いライフタイムを有するデザイン

・創作されてからこれまでの期間が、既にその製品・サービスのライフタイムを超えており、なおその製品・サービスにデザインが使われているデザイン ・製品・サービスのライフタイムが終わってなお、そのデザインが生き続けると考えられるデザイン ・その製品群のデザインの原形とされるデザインであって、原形であると永く認められるデザイン 以上の少なくともいずれか1つに該当するデザイン

環境に対する配慮がなされているデザイン

・生産から廃棄までの環境負荷が同等の製品と比較し著しく少ないデザイン ・不要な環境負荷を与えないデザイン ・良好な環境を創出することに寄与するデザイン ・良好な環境の保全に寄与するデザイン 以上の少なくともいずれか1つに該当するデザイン

 
Who we are

We indorse design that carries the essence of Japanese culture, last more than a lifetime, and keep the environment in mind.

Kyo design is a registered trademark of HaFu design. Kyo design, is not to be confused with Kyoto design, design connected with specific traditions stemming from Kyoto. If the design carries the traits explained here, it becomes classified as Kyo design. All designs are approved by HaFu design. They are not necessarily created by Kyo design.

Design that contributes to Japanese culture

HaFu Design is design that promotes Japanese culture, design that fosters the new and innovative, design that brings tradition into a contemporary context.

Design built to last a 100 years

We also create designs built to last for more than 100 years, made to last the test of time, and created to carry 100 years of history in its construction. We are design that will outlive the average human lifespan.

Design that is considerate of the environment

We aim for design with minimal environmental impact that is significantly less than other products with similar features. We are design that doesn’t leave unnecessary damage to the environment, rather design created to favor its wellbeing, and seeks to preserve it.

KYO design を創出するに当たって

京都という地でデザインをするにあたって、KYOTOの魅力と強さがどこにあって、それはどこからどのように生まれてきたのか知ることができれば、大いに役立つであろうと考え、日本の文化、京都の文化について、多少の調査と考察を行いました。 考察に際し、日本人が外国人に日本の文化、京都の文化を紹介する、あるいは外国人にもわかるようにと考えてることで、より日本の文化や京都の文化が明確になるであろうと考えてました。その一部を紹介します。

ここに掲載した情報には、個人情報の他、間違った内容のもの/不正確な情報/不良な情報などが含まれている可能性があります。また、断定した言い方などもありますが、あくまでも HaFu design の社内情報であり、内容に責任を持つものではありませんので、ご了承ください。  掲載した情報を個人的に私的に利用することは構いませんが、第3者への開示・提供、転載、印刷や電子通信手段による配布、営利目的の利用、思想信条・政治に関する利用などは一切禁止します。 リンクは原則自由ですが、リンクされたことをご連絡いただきますようお願いします。[こちらから]  情報の掲載場所を指定する場合は、「Hafu design」 のサイトトップ(https://hafu-design.jp/)をご指定ください。リンクいただいた場合、逆リンクをお願いすることもあります。逆にリンクを拒否することもありますが、よろしくお願い致します。

これからも「日本文化」「京都の薀蓄」情報を訂正・変更・追加などする予定ですが、ご意見やご指摘などをいただければ幸いです。

What the creation of Kyo design means

Like design produced in Kyoto, Kyo design seeks to carry the same appeal. Understanding the intrigue of Kyoto’s design is not limited to the geographical area. We found that extensively researching it to be useful in the brainstorming of our line of products. In order to propagate our findings of Japanese culture, we decided to create a short guide of our analysis of Japan. That can be found below. We hope you all find it not only useful, but also inspiring your own thoughts and observations. It might be completely different than our humble critique, but that’s OK! Culture is not something that one can grasp in a simple essay, and in the end, everyone you meet and everywhere you go is a little different, right? Of course, we recognize that much of our analysis is biased and based on individual experiences. We apologize in advance for any lack of academic tack, and hope you still enjoy all that HaFu design has to offer. On that note, HaFu design does not take responsibility for the information appearing on this website. HaFu design also strictly prohibits the use of its content being offered, presented, reprinted, or other similar action through or for a third party. We also forbid distribution through the internet, phone, or otherwise. The copying or stealing of designs, content or ideas here is illegal due to international copyright law. If one wishes to use this website’s content for their own private use, they may do so as they please as long as it coincides with aforementioned limitations. We ask for your cooperation with our copyright policy. You may copy and paste the link to our page wherever you like. However, when linking our page to another website, we ask for you to please contact us first. You can send a message asking for permission or confirmation here. Our link to our main page in Japanese is(https://hafu-design.jp/). This links to the homepage of HaFu design. There may be some extremely rare cases were we choose to refuse you to use our link. Again, we ask kindly for your cooperation. From here on out, we will delve into the complex culture dynamics of Japan and Kyoto. We hope this serves as a guide on your journey (if you choose to visit us in Japan), or serve as good background of our designs and the country itself. As a disclaimer, there might be changes to be found from one week to the next as we are still creating and adding to our observations.

All of that aside, we present to you our thoughts on Japanese culture.

参考文献

「NEW JAPANESE-ENGLISH DICTIONARY」 増田 綱  研究社 1985 「甘えの構造」 土井健郎 弘文堂 2007/5/25 「英語で答える! 外国人の「困った質問」  松本 薫/J.ユンカーマン 講談社 2003/3/15 「外国人客への対応マニュアル 抜粋版」 観光庁 観光産業課 2009/1 「角川 当用漢字 字源辞典」 加藤常賢/山田勝美  角川書店 1975/3/10 「漢字源」 学研 2006 「広辞苑 第六版」 岩波書店 2009 「知ってびっくり! 漢字はじまり物語 松原史典  学研教育出版 2011/5/16 「社長の直感ほどあてにならないものはない」 野山大彰  海拓舎出版 2016/9/15 「続 私は日本のここが好き」 加藤恭子  出窓社 2010/4/3 「伝統産業から文化ビジネスへ」 村山裕三  マリア書房 2012/3/15 「同訓異字」 白川 静  平凡社 2014/6/4 「当用漢字 字源辞典」 加藤常賢/山田勝美  角川書店 1972/10/10 「にほんのかたちをよむ事典」 工作舎 2011/12/20 「日本史世界史対比年表」 PHP研究所 2007/10/24 「日本史の謎は「地形」で解ける 文明・文化篇」 竹村公太郎  PHP研究所 2014/4/23 「日本人の神」 大野 晋  河出書房新社 2013/12/20 「日本人の知らない日本語」 蛇蔵&海野凪子 2009/2/20 「日本人の知らない日本語2」 蛇蔵&海野凪子 2010/2/19 「日本の宗教」 田中治郎  日本文芸社 2005/6/25 「日本のはてな」 講談社 2009/9/17 「日本のふしぎ民俗学」 青春出版社 1998/12/25 「日本文化論の名著入門」 大久保喬樹  角川学芸出版 2008/2/10 「Newton 脳と意識」 ニュートン プレス 2012/5 「はじめてのIoTプロジェクトの教科書」 武下真典/幸田フミ  クロスメディア・パブリッシング 2016/9/1 「ものの名前」 北橋隆史 2004/11/25 「旅行英会話」 プレスワーズ  Jリサーチ出版 2014/5/10 「第8回 京都検定 問題と解説」 京都新聞出版センター 「京都人だけが知っている」 入江敦彦  洋泉社 2001/5/22 「京都のデザイン」 日経BP社 2010/6/28 「京都ルール」 中経出版 2011/12/7

参考新聞記事

京都新聞「現代のことば」 増田 寿幸 2017//8/21 京都新聞「成長停滞受け入れよ」 玄侑 宗久 2014/9/13 京都新聞「時のひと」 石上 智康 2014/9/13 京都新聞「チラシも気も配るロボット」 江藤 均 2014/9/13 京都新聞「“開かれた京博”の核に」 社説 2014/10/7 京都新聞「光悦逍遥 曖昧性の狭間に「真」「信」なるものを乞う」「身体性から生まれる様式」

参考ホームページ

NHK 放送文化研究所 http://www.nhk.or.jp/bunken/ 閲覧2017/8/19 総務省統計局 http://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.htm 閲覧2017/9/23 農林水産省 http://www.maff.go.jp/j/nousin/kantai/pdf/syoukai_wakayama.pdf 閲覧2017/8/19 伏見稲荷大社 http://inari.jp/ 閲覧2017/8/19 文化庁 http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2014112701.pdf 閲覧2017/8/19 文科省 ローマ字のつづり方 http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19541209001/k19541209001.html 閲覧 2017/10/7

参考ホームページ

漢字ミュージアム 京都府京都市東山区祇園町 視察2017/10/19